【甘糀とキウイフルーツのスムージー】

記録更新の続く、今までにない暑さが続いておりますね((+_+))。

体調管理に、気を使われている方も多いと思います。

若い頃は、「健康」よりも「味の濃い物」・「ボリューム感」を優先していた気がしますが、やはり・・・

年を重ねると、状況は変わっていきます。

 

そんな中で、最近話題なのが『糀』です。

「こうじ」には、二つの漢字があります。

『糀』と『麹』。

・・・・?何が違うんだろう?。

 

調べてみたら、へぇ〜〜(^.^)。

どちらも同じ「こうじ」と読みます。

そもそも米や麦、大豆に、食品発酵に必要なコウジカビを付着させて微生物を繁殖させたものの事。

この「こうじ」は、でんぷんやタンパク質を分解する様々な酵素を生成します。

昔から日本酒や味噌・醤油・食酢・漬物などの発酵食品に欠かせない大切なものです。

この「こうじ」が持つ2つの酵素が、和食の旨味や甘味といった独特の風味を持たせてくれます。

 

さて、その「こうじ」に二つの漢字が存在する理由。

もともとは中国から伝わった『麹』が始まりだそうです。

一方『糀』は、江戸期頃に、日本で作られた和製漢字。

お米にコウジカビが付着した様子が、お米に花が咲いたように見えることから『糀』と表したそうな。

『糀』(こうじ)という字に込められた日本人らしい感性に、なんだか言い表せない優しさと親しみを感じます(^.^)。

 

そんな『糀』で、【甘糀とキウイフルーツのスムージー】をご紹介します。

 

 

使う甘糀は、漬蔵でお買い求め頂ける花房商店さんの『甘糀』。

日本海に面した兵庫県豊岡市竹野で、天保十二年から170余年も続く『糀』一筋の老舗糀屋。

生態系に配慮し、減農薬栽培された「コウノトリを育むお米」で仕込んだ糀を使用。

砂糖を使うよりも柔らかく、すっきりとした甘味を楽しめます。

 

 

【甘糀とキウイフルーツのスムージー】

・甘糀・・・・・・・・・大さじ2

・キウイフルーツ・・・・1個

・バナナ・・・・・・・・1本

・牛乳・・・・・・・・・150㎖

フルーツを適当な大きさにカットして、

材料を全てミキサーに入れて、撹拌します。

 

 

あぁ〜〜、また簡単過ぎます(*^。^*)。

洋食の「一汁一菜」ですね。

サンドウィッチとスムージーは、食物繊維やビタミンやミネラルを簡単に補えるので、毎朝欠かさない方も多いとか。。。

スプーンに一杯の「甘糀」だけでも、胃腸の調子を整えてくれます。

昔からこんなに凄い物を、発見し製造してきた日本人の知恵と文化に、尊敬と感謝の念を抱きました〜(*^-^*)。

 

花房商店さんの糀は、甘糀の他、塩糀・醤油糀など、たくさんのラインナップがあります。

お料理に優しさをプラスしてくれるので、手放せなくなります。

是非、一度お試し下さいませ。

 

☆ご興味のある方はこちら

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zukekura.com/?pid=130888605

 

2018年8月10日

漬蔵店主 おサチ


【海峡サーモン サーモンバジルステーキ】

先日の逆走台風一過、また強烈な暑さが戻ってきましたね〜( ;∀;)。

夏休み、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

お子さんやお孫さんが帰ってきて「たいへーん!!(*^。^*)」

なぁ〜んて方も多いのではないでしょうか?

でも、子供からすると、帰りたくなるものです。

久しぶりに感じる実家や田舎の空気や匂いは、懐かしく、心を癒してくれますね。

 

でも、お盆や夏休みで、大勢で食事する事も多いこの季節。

帰省した初日は、「お袋の味」が、食卓を飾りますが、二日三日と、メニューを考えるのも大変になります。

そんな時は、皆様もきっとこれではないですか?

そう、みんなでBBQ!(*^▽^*)が定番です。

 

ここ最近、さすがに日中は危険な暑さですから、お日様が西にしっかと傾いてからのスタートです♪。

 

 

みんなで集まるこのシーズンにおススメしたいのが、【海峡サーモン 洋風詰め合わせセット】です!。

まずは、『生ハム仕立て』や『マリネディル風味』でオードブルを肴に、冷たく冷やしたビールで、

「かんぱ〜〜い!!(*^▽^*)」

 

 

上品な味わいで塩味も程よく、お酒が進みます。

黄金の組み合わせ、アボカド×サーモンは絶品☆です。

また、季節のお野菜と共にサラダや、カナッペもおススメです。

 

 

そして、お肉も焼きながら、、、(#^.^#)

『サーモンバジルステーキ』を、ドーンと豪快に召し上がれ♪

 

 

オリーブオイルとバジルをはじめとしたガーリック・パセリ・ディル・タイム・オレガノ・ローズマリー・レッドペッパーなどハーブで味つけされています。

もちろん、生の海峡サーモンを漬け込んで液体急速冷凍されているので、フレッシュそのものです!。

ご自宅で解凍しても、新鮮さが保たれているので、食べた瞬間に柔らかい身から、サーモンの甘みが溢れてきます。

是非、『サーモンバジルステーキ』をご賞味下さいませ!。

 

『海峡サーモン 洋風詰め合わせセット』

 

この機会に、一度お試し下さいませ。

☆ご興味のある方はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zukekura.com/?pid=131700170

 

2018年8月2日

漬蔵店主 おサチ


【水茄子と冷しゃぶの素麺】

暑いですね〜(;’∀’)が、こんにちは!の変わりになるくらい、毎日、異常な暑さが続いておりますが、皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?

 

いよいよ夏休みがスタート致しましたね。

学校では、あまりに気温が高い状態が続いているので、毎年恒例になっているプール開放や運動場開放が、取り止めになってしまいました(T_T)。

子供達も楽しみにしていた夏休みなのに、今年は、「これまでに経験したことのないような・・・」

というフレーズを、ここ一か月間に何度も聞いた気がします。

西日本では、地震で混乱した後の豪雨と、全国的な酷暑。

気分的に不安になったり、落ち着かない雰囲気の時は、自然とストレスを感じやすくなるものです。

どうか、心も体も十分休めながら、この暑さを乗り切って下さいませ。

 

さて、夏の定番のお素麺も、最近はいろんなレシピが登場してアレンジを楽しまれている方も多いと思います(^^♪。。

漬蔵がおススメするのは、伊勢屋商店 定番の「水茄子浅漬」を使った『水茄子と冷しゃぶの素麺』です。

小豆島 池田漁港で厳選されたいりこと出汁パックを使用して素材にこだわった、ゴマダレで戴く御馳走☆素麺です。

 

 

【水茄子と冷しゃぶの素麺】(2人前)※写真も2人前です。

・伊勢屋商店 水茄子浅漬・・・1個

・豚肉冷しゃぶ用・・・・・・・100g

・素麺・・・・・・・・・・・・2束

・水菜、玉ねぎ・・・・・・・・・適量

・シソ、カイワレ、ミョウガ・・・適量

(ゴマつけダレ)

・池田漁港 だしの達人・・・・1袋

・池田漁港 おおきないりこ・・3本

・昆布・・・・・・・・・・・・20g

・練りごま・・・・・・・・・・大さじ2

・醤油・・・・・・・・・・・・大さじ1

・みりん・・・・・・・・・・大さじ1

・砂糖・・・・・・・・・・・小さじ1

・すりごま・・・・・・・・・大さじ2

・生姜のすりおろし・・・・・お好みで

 

 

 

「だしの達人」1袋と、「おおきないりこ」3本、

昆布を水300佞貌れて30分ほど漬けおきます。

その後、火にかけて沸騰直前で昆布を出します。

沸騰後1〜2分して火を止めて取り出します。

練りごまとすりごまをすり鉢ですり香りを出します。

,僚仆舛膿ばし、醤油、みりん、砂糖で味を調えます。

冷やしておくと美味しく召し上がれます。

冷しゃぶ用の豚肉を茹でて冷ましておきます。 

水菜・シソ・ミョウガを切り、水にさらしておきます。

素麺を茹でます。

水茄子はへたを取り、上から切り込みを入れたら、手で割いて盛り付けます。

水茄子の浅漬と冷しゃぶ、野菜を盛り付け、冷やしたゴマダレを添えれば出来上がりです!

 

 

暑いので、あんまり手をかけたくない場合は、市販のゴマダレで、十分です(#^.^#)。

夏の定番、子供達も大好物の素麺(*^▽^*)。

日頃の栄養管理や睡眠時間で、夏バテや熱中症を予防しましょう〜。

パパっ!とササっ!と美味しく栄養補給できる「水茄子と冷しゃぶの素麺」を是非一度お試し下さいませ〜♪。

 

2018年7月27日

漬蔵店主 おサチ


【伊勢屋商店 ホタテと山芋の柚浅漬】

この度の、西日本地域における豪雨災害で被災された皆様、ご家族様には心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く、復興されますことを祈念いたします。

 

---------------------------------------------------------------

 

こんにちは!。 漬蔵のおサチです!。

 

豪雨のあとは、一気に気温が上がり、猛暑が続いております。

本当に、身の危険を感じるほどの酷暑です。

皆さま、熱中症などには、十分お気を付けくださいませ。

外での活動は、気温が高すぎるので、どうか無理だけはしないで下さいね。

 

さて、これだけ暑いと自然と食欲が下がりますね〜”(-“”-)”。

冷たいものを美味しくサラッと食べたいものです。

では、サラッと食べれるお漬物!簡単!レシピご紹介したいと思います。

 

 

【ホタテの貝柱と、山芋の柚子浅漬】

・伊勢屋商店の 山芋の柚子浅漬

・ホタテのお刺身

・パプリカ

・塩コショウ

・オリーブオイル

 峪外鬚陵子浅漬」「パプリカ」は、程よくさいの目切りにして混ぜておく。

この時、柚子も一緒に刻み込んでおいて下さい。

ホタテのお刺身を器に盛り付けます。

△両紊豊,鮠茲擦泙后

お好みで、塩コショウを少々とオリーブオイルでイタリアン風に仕上げます。

 

柚子の爽やかな味わいと、山芋の粘り、ホタテの淡白な旨味で、「つるっ!!(^^)!」と、頂ける簡単レシピです。

 

 

えっ!?、こんなの簡単すぎてお料理じゃない?(‘Д’)。

だって、暑いもん!。お料理をするのも大変だもん!。

手抜きでも、オシャレにパパっと♪で、体力温存です。

なぁーんて、言い訳ばかりか、、、、。

 

山芋の柚子浅漬は、このほかにも、麦とろご飯に一緒に混ぜても、柚子と酸味が夏にピッタリの、身体に優しい食事になります。

 

 

 

粘りのある食材の多くは、ムチンというグルタミン酸と糖が結びついた物質をたくさん含んでいます。

このムチンは、胃腸の粘膜と同じ成分です。

冷たいものばかりで胃腸の粘膜が弱っているこの季節、疲れた胃腸に優しい食材なのですね(^^♪。

このほかにも、ネバネバ食材はたくさんあります。

納豆・オクラ・なめこ・海藻などなど。

一緒に合わせて摂り、弱った胃腸を癒してあげて下さいませ。

 

全国的には、あと二日で夏休みに突入しますね。

朝から晩まで子供達と過ごす、地獄?((+_+))・・・

いえっ!、楽しい40日間を、今年はちゃんと計画をたてて怒らず、穏やかに過ごすぞ〜!。

(また、守れない約束を書いてしまった。)

どうか、あたたかく見守って下さいませ(#^.^#)。

 

2018年7月19日

漬蔵店主 おサチ


【夏のご挨拶】

こんにちは!、漬蔵 おサチです。

 

関東では、梅雨明けしてしまいましたね〜(*’▽’)!。

だんだんと蒸し暑くなるこの時期、皆さまは、いかがお過ごしでしょうか?

汗やトイレの回数を気にして、水分を控えていませんか?

私もついつい我慢してしまう悪い癖があります”(-“”-)”。

でも、汗がしっかりと出せることは、体の体温調節が上手くいっている証拠ですから、水分補給をして、汗をかき、暑さに体を慣らしていきましょう!。

 

さてさて、6月も過ぎ7月に突入!、で一年の半分まできました。

年々、時間の経過が加速度を増している気がします((+_+))。

 

夏のご挨拶に、お中元を贈られる方も多いのではないでしょうか?

皆さまは、もうお中元のご準備を整えられましたか?

 

 

私も勉強不足なので、少しネットでお勉強してみました(*^。^*)。

 

古くから日本では、お中元を贈る習慣があるそうです。

その始まりは、仏教の「盂蘭盆会(お盆)」に、ご先祖様の魂を供養すると共に、生きた魂の供養の為に、贈り物を届け合ったことが起源との事。

 

しかし、お中元を贈る時期が、地域によって異なるそうで、

●東日本は7月1日〜7月15日

●西日本は7月15日〜8月15日

と、微妙に時期が違うのだそうです。

(関西で生まれ育った私は、初めて知りました(‘_’)。)

お中元の時期が過ぎてしまった場合は、お盆までは「暑中御見舞」、お盆以降は「残暑御見舞」として贈るのが一般的のようです。

 

最近では、百貨店やネットショップなどの影響か、時期に関しては、東西でも曖昧になりつつあるとか、、、。

 

いろいろとマナーはあるものの、今では、日頃お世話になっている大切な方へ、感謝の気持ちを込めて、7月上旬〜下旬にかけてお届けするのが、一般的なようです。

 

 

大切な方へ贈り物を考える、、、。

私は、実はその時間がとても素敵だと思うのです。

その方を想い、喜んで頂けるお顔を想像しながら、お品選びをするのは、とてもウキウキします。

贈られる方も、何が届いたのかとドキドキしながら包みを開ける。

お互いに相手を想い嬉しくなる、、、。

 

【漬蔵】でも、そんな皆さまの大切な方へ、

夏のご挨拶のお手伝いをさせていただければと思っております。

 

●伊勢屋商店

大阪黒門市場の老舗お漬物屋さん「伊勢屋商店」さまでは、大阪の夏には欠かせない、泉州水茄子をはじめとして、夏野菜のさっぱり浅漬のお漬物を取り揃えております。

 

●北彩屋

津軽海峡の厳しい環境の中で、養殖に成功した「海峡サーモン」。

生のサーモン切り身を、こだわりの漬ダレや味噌に漬け込みました。

サーモンの甘みと柔らかさと、上品な味わい。

生のまま漬け込み急速冷凍するからこその美味しさを、大切な方へ夏のご挨拶として、いかがでしょうか?

 

●花房商店

夏の暑さに疲れないように、発酵パワーの食品を美味しく頂きましょう!。

気になる塩分を控えめに、旨味成分と発酵で食事に深みを与えます。

しっかりとミネラルも摂れる花房商店の糀セット。

お料理好きのあの方へ、健康と楽しみをお贈りします。

 

「美味しい!」をお届けする【漬蔵】でも、御中元として、ギフトも承っておりますので、この機会に、ご利用下さいませ。

 

漬蔵オンラインショップ

https://zukekura.com

 

2018年7月2日

漬蔵店主 おサチ


【今市水産 しらチョビ】

こんにちは!、漬蔵 おサチです。

 

柑橘類の栽培でも有名な、愛媛県西予市明浜町。

対岸には九州が見える、海と緑に恵まれた所です。

豊後水道は豊かな漁場で知られています。

そこで育つしらすは絶品です。

「しらす一筋」の今市水産さまは、創業百余年を誇り、代々受け継ぐ「しらす漁」と、その加工方法は伝統の技そのものです。

 

 

しらすの製造時に、添加物は一切加えず、釜茹での際にも海水を利用し、しらす本来の甘みと旨味を引き出しています。

オリーブオイルは、エクストラバージンオイル100%。ハーブは、土佐産のオーガニックハーブを使用し、保存料無添加ですので、安心して召し上がって頂けます。

 

 

ふんわりと柔らかいしらすの食感に、オリーブオイルとハーブ、鷹の爪やガーリックの風味がアクセントになっています。

パンにそのまま乗せてもよし!、

パスタと和えてもよし!、

サラダに乗せてもよし!。

 

 

「あぁ〜(#^.^#)、万能だー!!♬」

と、ここで思いついたのは、、、、、。

伊勢屋商店の「キャベツの糠漬」とコラボレーション。

 

 

以前、キャベツの糠漬の美味しい食べ方!と、教えて頂いたのが、じゃことおろし生姜と和える。

もちろんこれも美味!でした(*^▽^*)。

キャベツの糠漬だけでも、驚きの美味しさですが、生姜とじゃこで変化をつけるだけで、一品に早変わり〜!(^^)!。

そのアイディアをすこしアレンジさせて頂きます。

 

 

こちらも、

今市水産「しらチョビ」と伊勢屋商店「キャベツの糠漬」を和えるだけ!。

和えるだけ〜(*^。^*)♬。

こんなにも簡単で、なに?!この美味しさっ!。

ご飯も大盛り一杯いけちゃいます。

美味しいお酒の肴にもなります。

無添加素材でカルシウムと良質のオイル。

糠漬で発酵食品パワーと繊維質。

健康的で美味しい一品の出来上がり。

お料理上手になった気分です〜!(^^)!。

 

今市水産さまの「しらチョビ」。

大量生産ではなく一つ一つを丁寧に手作り。

今市水産さまのしらす愛を感じます。

その「しらチョビ」を漬蔵オンラインショップで、いよいよお取り扱いをスタートさせて頂いております。

 

是非一度ご賞味下さいませ〜(^^♪。

 

漬蔵オンラインショップ zukekura.com/

 

2018年6月15日

漬蔵店主 おサチ


【北彩屋 海峡サーモンのカナッペ】

こんにちは!。漬蔵、おサチです。

父の日が近づいてきましたので、「お父さんとお酒を呑みながら、ゆっくり話そう!(*^▽^*)」をテーマにレシピを考えてみました〜(^^♪。

 

子育て世代の若いお父さまと、週末に子供達とイタリアンで、ワインを呑みながら、語らいのひと時を過ごす。

 

 

そんなシーンにおススメなのが、『北彩屋 海峡サーモン』です。

ちょうどこの時期が、養殖水揚げの最盛期です。

海峡サーモンの養殖を長きにわたり研究し、その良さを知り尽くした北彩屋さんだからこそ、美味しさを最大限に引き出す製法で、漬けこまれています。

洋風の塩蔵・オイル漬は、サーモンの甘みにハーブの香りが程よくアクセントになっています。

サーモン好きにはたまらない美味しさです♬。

 

 

では、【海峡サーモンのカナッペ】をご紹介致します。

【海峡サーモンとキャベツの浅漬のカナッペ】

材料:

・海峡サーモンの生ハム仕立てディル風味・・・1パック

・キャベツの浅漬・・・適量

・バケット・・・1本

・アボカド・・・1個

・オリーブオイル・・・適量(クリームチーズと酒粕のクリーム)

・クリームチーズ・・・20g

・生クリーム・・・20g

・酒粕・・・15g

・塩、こしょう・・・少々

 

作り方:

.リームチーズと酒粕は、必要量を計量し、室温に戻しておきます。

▲丱吋奪箸鬘鵜~1.5冑でスライスします。

キャベツの浅漬は、水気を切り千切りしておきます。

ぅ▲椒ドも皮、種を除き、お好みの幅にスライスします。

,離リームチーズと酒粕と練り合わせ、生クリームを少しずつ加えてかき混ぜます。なじんできたら塩、こしょうで味を調えます。

Ε丱吋奪箸縫▲椒ド、キャベツの浅漬、海峡サーモンを盛り付け、イ鮠茲察▲リーブオイルをかければ出来上がり。

 

 

お料理が苦手でも、簡単にできてしまうカナッペ。

子供達と一緒に作って、パパにプレゼント!。

なぁ〜んていうのも、素敵かもしれませんね〜(*^▽^*)。

 

父の日は、6月17日(日)です。

当日までに配送をご希望の方は、10日(日)までにご注文下さいませ。

 

2018年6月8日

漬蔵店主 おサチ

 

 


【父の日】

こんにちはー! 漬蔵 おサチです。

だんだんと蒸し暑くなり、今年も梅雨がやってきますね((+_+))。

私は、子供の頃に喘息だったこともあり、この時期がとても苦手です。

でも、この時期独特の匂いと、空気感が、とても重く感じるのは、きっと私だけではないはず、、、

 

 

 

 

そんな中でも、街角で色鮮やかな紫陽花の花を見ると、心が癒されます(#^.^#)。

うちの紫陽花たちも、そろそろ花芽が大きくなり始めました〜♪。

我が家の3種類の紫陽花は、今は亡きお義父さまが植えてくれたものです。

紫陽花以外にも、たくさんのお花や木を植えて下さいました。

お元気な頃、我が家へ遊びに来てくれては、庭を愛でるのが好きだったお義父さま。

主人の実家ではずっと鉢植えだったものが、地植えすることで、とても元気に大きく成長している事を喜び、私達夫婦の育て方が上手い!と、褒めて下さっていたことを思い出します。

お世辞だったかもしれないのですが、義父の口調はいつも温かく穏やかで、そのお言葉を頂けるのが嬉しくて、庭の手入れに励んでいました(*^。^*)。

今も、庭の手入れをする度に、お義父さまの事を思い出します。

最近は、さぼり気味なので頑張ろうと、改めて思いました(>_<)。

 

 

ちょうど今月は父の日が、6月17日にやってきます。

そんなお義父さまの事を思い出すと共に、父の日に、何か両家に贈ろうかな~と、思案中。

 

皆さまも父の日のギフトを、悩まれている方も多いのでは、ないでしょうか?

やはりお酒や食べ物を選ばれる場合が、多いかもしれませんね。

漬蔵では、お酒とよく合う「おつまみ」になるような商品もたくさんあります。

 

伊勢屋商店さまの「水茄子」に、北彩屋さまの「海峡サーモン」。

花房商店さまの「老舗糀屋特選調理セット」もおススメです。

おススメポイントを、レシピなどと共にブログでご紹介していきますね(#^.^#)。

 

伊勢屋商店さまの商品は、

6月17日(日)までに到着の場合、ご注文は6月10日までにお願い致します。

 

2018年6月7日

漬蔵店主おサチ


【泉州水茄子畑に行ってきました】

こんにちは!、漬蔵 おサチです。

 

厳選した食材を使って丁寧に手前どもで漬け込む美味しい「伊勢屋の水茄子」。

すでに今年も水茄子シーズンに突入!。

早速、ご注文頂いた皆さま、本当にありがとうございます♪。

 

毎年、初摘みの時期に契約農家さんにご挨拶される伊勢屋商店の山本社長

今年は、私も初めて同行させて頂きました(⌒▽⌒)。

 

今日は皆さまに、伊勢屋商店の美味しい水茄子。

契約農家さんによるこだわりをご紹介したいと思います。


 

 

まずはご覧ください!。夏にかけてまだまだ、スクスクと育つ水茄子畑。

ビニールハウスの中で隅から隅まで苗が元気よく育っていました。

 

 

 

 

その生い茂った奇麗な葉っぱの中に隠れているのが輝きを放つ『泉州の水茄子』!!

なんとまぁ、艶やかで何とも言えない紫色。

この鮮やかな紫色が、良い素材の証なのです。

 

 

 

 

このツヤッツヤで美味しい水茄子のこわだりを改めて聞いてみた。


 

通常の水茄子は肥料を動物系にする農家さんが多いそうなんです。

でもこちらでは、お魚の身とアラだけの肥料を使っているそうな。

その理由は、とにもかくにも「濃い甘さ」が強くなるとのこと。

動物系の肥料に比べて、かなり育てにくいそうですが、

肥料にこだわることで、生で食べたときの味が、格段に甘くなるそうです。

ちなみに動物系は色が濃くて奇麗な仕上がりですが、味が少し淡白になるそうです。

伊勢屋商店の浅漬けは、中まで濃い甘さを感じる訳がそこにあったのか(*^◯^*)。

 

更にこだわっているのが、天候による温度調節だそうです。

日毎に変化するお天気に応じて、繊細な温度管理をされています。

毎日40度を保つことは難しく、一定を保つため、かなりの量の水をまくそうです。

だから瑞々しい味わいが出来るんですね。

 

 

 

そこで農家さんがおもむろに一個取り出し、クシャっと握られました(°▽°)‘’。

水分が半端なく入っているのは水茄子!!。

生を絞るとボトボトと水が出てきます。

みずみずしい証に、ビックリ!!です\(^ω^)/。

ちょっともったいないと思いつつ、パシャリ!!

こんなに水分が詰まっている事に、ビックリでした。

どうして、こんなにみずみずしいのでしょう?。

泉州水茄子の美味しさと柔らかさは、この泉州の土壌にあり!!

この地はあまり雨が降らないそうで特に地熱が高いそうです。

なので他の地方で作られている水茄子とは硬さが違い、柔らかく仕上がるとの事。

自然環境も美味しさの後押しになっているですね。

 

 

 

 

とても奇麗な水茄子の花、そこに実る数々の美味しい水茄子はここ、泉州にあり。

そして農家さんのこだわりと伊勢屋の丁寧な漬け込みによって、

あの美味しさになっている事を改めて、実感させられました。

 

この美味しさは、この時期だけのお楽しみですね。

皆さま、こだわりの絶品「水茄子のお漬物」を是非一度、ご賞味下さいませ。

 

 

2018年5月22日

漬蔵店主 おサチ


【静岡のお土産 桜エビと釜揚げしらす】

こんにちは!、漬蔵 おサチです。

 

今年は5月だというのに、少し肌寒く感じられる日が多いような気がしますが、風邪などひかれていませんか?

 

さて、あっ!という間のゴールデンウィークでした。。。

皆さまは、旅行や帰省、レジャーを楽しまれたのではないでしょうか?

私は、今年は珍しく子供達の予定があり、毎年のように出掛けていたキャンプやレジャーはお預けとなりました(´;ω;`)。

でも、皆様のFacebookや戴いたお土産で、旅情を感じております(#^.^#)。

 

 

先日、「『豊潤出汁』が美味しい!、手軽に料亭の味!」と大絶賛してくれ、注文をしてくれたMさま。いつも、本当にありがとうございます。

Mさまは、とてもエレガントな雰囲気なのに竹を割ったような性格の方なのです。

(こんな事を言ったら、怒られちゃうかなぁ~(*^^*))

でも、大人になってからこんなに気の合う方とは、なかなか巡り逢えないなと思います。

さて、そんな私の大好きなMさまから、素敵なお土産を頂きました〜(*^▽^*)。

 

 

【静岡県産 生桜エビと釜揚げしらす】

 

 

獲れたてを急速冷凍させた生の桜エビ!!。

ほのかな塩味と桜エビの甘みと香りが、たまりません。

生の桜エビを食べれるなんて、なんて贅沢なんでしょう〜〜♪。

そして釜揚げしらすは、小さなサイズの生のしらすを、釜揚げしたてを急速冷凍。

やわらかい塩味とふわふわの食感は、絶品!です。

今まで出会ったことのない、釜揚げしらすに本当に驚きました。

漁師さんが直接、加工と販売をされているとの事で、新鮮そのもの。

 

戴いた「静岡県産 生桜エビと釜揚げしらす」で、早速、丼ぶりとかき揚げを作ってみました。

 

 

冷凍で頂いたので、そのまま解凍して、アツアツのご飯といただきます。

桜エビとしらすには、程よい塩味がついているので、お醤油などはつけずに、先ずはそのままで!(*^▽^*)。

口の中に、春の優しい海風が吹いてきます〜〜〜。

実は、私は生の桜エビって、この年になって初めて戴きました。

この世の中には、まだまだ知らない美味しいものがたくさんあるんだなぁ〜と、美味しい出会いに感謝です(*^。^*)。

 

お次は、桜エビと春野菜のかき揚げです!

 

 

若ごぼうや新玉ねぎ、庭で採れてたアスパラガスと一緒に桜エビのかき揚げに。

自分で言うのなんですが、、、かき揚げが上手くいくと、かなりご機嫌です(^^♪。

生の桜エビを、たっぷり使い、さっくさくの出来栄えに、大満足です。

 

Mさまの温かいお気持ちと共に、海の春を感じさせていただきました。

本当に、ありがとうございました。

 

 

2018年5月14日

漬蔵店主 おサチ



「づけ」から広がるくらし 漬蔵ロゴ

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM