【甘糀とキウイフルーツのスムージー】

記録更新の続く、今までにない暑さが続いておりますね((+_+))。

体調管理に、気を使われている方も多いと思います。

若い頃は、「健康」よりも「味の濃い物」・「ボリューム感」を優先していた気がしますが、やはり・・・

年を重ねると、状況は変わっていきます。

 

そんな中で、最近話題なのが『糀』です。

「こうじ」には、二つの漢字があります。

『糀』と『麹』。

・・・・?何が違うんだろう?。

 

調べてみたら、へぇ〜〜(^.^)。

どちらも同じ「こうじ」と読みます。

そもそも米や麦、大豆に、食品発酵に必要なコウジカビを付着させて微生物を繁殖させたものの事。

この「こうじ」は、でんぷんやタンパク質を分解する様々な酵素を生成します。

昔から日本酒や味噌・醤油・食酢・漬物などの発酵食品に欠かせない大切なものです。

この「こうじ」が持つ2つの酵素が、和食の旨味や甘味といった独特の風味を持たせてくれます。

 

さて、その「こうじ」に二つの漢字が存在する理由。

もともとは中国から伝わった『麹』が始まりだそうです。

一方『糀』は、江戸期頃に、日本で作られた和製漢字。

お米にコウジカビが付着した様子が、お米に花が咲いたように見えることから『糀』と表したそうな。

『糀』(こうじ)という字に込められた日本人らしい感性に、なんだか言い表せない優しさと親しみを感じます(^.^)。

 

そんな『糀』で、【甘糀とキウイフルーツのスムージー】をご紹介します。

 

 

使う甘糀は、漬蔵でお買い求め頂ける花房商店さんの『甘糀』。

日本海に面した兵庫県豊岡市竹野で、天保十二年から170余年も続く『糀』一筋の老舗糀屋。

生態系に配慮し、減農薬栽培された「コウノトリを育むお米」で仕込んだ糀を使用。

砂糖を使うよりも柔らかく、すっきりとした甘味を楽しめます。

 

 

【甘糀とキウイフルーツのスムージー】

・甘糀・・・・・・・・・大さじ2

・キウイフルーツ・・・・1個

・バナナ・・・・・・・・1本

・牛乳・・・・・・・・・150㎖

フルーツを適当な大きさにカットして、

材料を全てミキサーに入れて、撹拌します。

 

 

あぁ〜〜、また簡単過ぎます(*^。^*)。

洋食の「一汁一菜」ですね。

サンドウィッチとスムージーは、食物繊維やビタミンやミネラルを簡単に補えるので、毎朝欠かさない方も多いとか。。。

スプーンに一杯の「甘糀」だけでも、胃腸の調子を整えてくれます。

昔からこんなに凄い物を、発見し製造してきた日本人の知恵と文化に、尊敬と感謝の念を抱きました〜(*^-^*)。

 

花房商店さんの糀は、甘糀の他、塩糀・醤油糀など、たくさんのラインナップがあります。

お料理に優しさをプラスしてくれるので、手放せなくなります。

是非、一度お試し下さいませ。

 

☆ご興味のある方はこちら

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://zukekura.com/?pid=130888605

 

2018年8月10日

漬蔵店主 おサチ


コメント
コメントする








   

「づけ」から広がるくらし 漬蔵ロゴ

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM